日本農林規格協会 JAS協会

 HOME > JASクイズ > JAS規格編・果実飲料JASマーク製品のポイント

JAS規格編
 ・果実飲料JASマーク製品のポイント

このQ&Aは、2010年8月のJAS情報に掲載された内容を基に、一部修正して作成しています。

質問をクリックすると答えの場所に画面が移動します。

果実飲料で、JASマークの付いた製品とマークの付いていない製品では何が違うのですか。
JASマークを付けるための糖度の基準が決まっているのですか。
原料の果実は、糖度が高ければどんなものでもいいのですか。
原料果実の品質以外にも基準はあるのですか。
JASマークが付いた果実飲料製品は、表示も正しいのですか。

 

 

 

 

果実飲料で、JASマークの付いた製品とマークの付いていない製品では何が違うのですか。
製造工場の施設・設備や担当者の資格について、国の定める基準をクリアしていることが第三者機関(登録認定機関)の事前審査によって確認され、かつ、その工場で製造された製品の糖度や使用食品添加物等について、国の定める基準(果実飲料の日本農林規格(JAS規格))をクリアしていることが検査で確認されたものでなければJASマークを付けることができません。
すなわち、JASマークが付いた果実飲料製品は、これらの基準の全てをクリアしていることを保証しています
 
JASマークを付けるための糖度の基準が決まっているのですか。
果実ジュース(いわゆる「果汁100%」の製品をいいます。)にJASマークを付けるためには、果実の種類ごとに定められた糖度(又は酸度)の基準をクリアする必要があります。
例えば、「うんしゅうみかんジュース(ストレート)」と表示された製品にJASマークを付けるためには、「糖度が9°Bx(※)以上」という基準があります。このため、一般的に、糖度が低いとされる未熟果等を使用した場合には、この基準をクリアすることができません。JASマークを付けるためには、基準以上の糖度の、熟した果実を原料として使用する必要があります。
※Bx(ブリックス):国際規格であるCodex等でも用いられている糖度の単位
 
原料の果実は、糖度が高ければどんなものでもいいのですか。
JAS規格では、糖度のほかに、エタノール分、揮発性酸度(りんご、ぶどうの場合)等の基準が定められています。
例えばエタノール分の場合、原料果実として腐敗したものを使用していないことを確認するために、その含有量が一定の基準以下であることとなっています。したがって、糖度が高くて、熟した果実を使用したとしても、この基準を超えた製品にはJASマークを付けることができません。

 
原料果実の品質以外にも基準はあるのですか。
JAS規格では、「果実ジュース」や「果汁入り飲料」(いわゆる「果汁100%未満」の製品をいいます。)等の類別ごとに、使用できる食品添加物が限定されています。
また、ストレート以外の果実ジュースには砂糖類を加えることができますが(別途「加糖」の表示は必要です。)、それでも加えることのできる砂糖やはちみつの量が制限されているので、JASマークの付いた果実ジュースは、果実本来の甘さを生かした飲料であると言えます。
 
JASマークが付いた果実飲料製品は、表示も正しいのですか。
JASマークの下に「日本果汁協会」(果実飲料に関する我が国の代表的な登録認定機関)の名称に付いている果実飲料製品は、JAS法等に基づいた正しい表示がなされているか否かについて、同協会がチェックしています。

 このページのTOPへ