日本農林規格協会 JAS協会

 HOME > 講習会 > 特別セミナー 「新たな規格・認証制度の方向性について」、 「今後の食品表示制度の方向について」

特別セミナー

本セミナーは終了しました。多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。

 食品関連行政の今後を、最新情報を交えて解説

日程

平成 29年 1月 26日(木) 14:00~16:00  ※13:30 受付開始

会場

  東京八重洲ホール (定員100名、先着順)

 東京都中央区日本橋3-4-13  ※会場地図はこちら(外部リンク)


内容

1. 「新たな規格・認証制度の方向性について」   [14:00~14:30]

   講師: 松本 修一 氏

          農林水産省食料産業局食品製造課 食品規格室 室長

■「日本再興戦略2016」(平成28年6月2日閣議決定)を受けて、輸出力強化をもにらんだ産業振興を重視した抜本的なJAS制度の見直しが検討されています。

■JAS規格の対象範囲も、現在の産品の品質以外に、分析・評価方法、栽培法・製法などの生産行程、低温保管・輸送管理などの事業者の運営・管理にまで拡大し、我が国の強みのアピールと事業者のメリットにつながる規格を、事業者、団体の発意・提案をベースに定めていこうとするものです。

■新たな規格・認証制度の方向性について、農林水産省よりご説明頂きます。

■マーケティング、ブランディング、セールスの 担当の方を含め、幅広い方のご参加をお待ちし ております。


2. 「今後の食品表示制度の方向について」   [14:30~16:00]  

   講師: 池戸 重信 氏

         内閣府「消費者委員会食品表示部会」委員
          消費者庁・農林水産省「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」座長代理
          宮城大学 客員教授
          一般社団法人 日本農林規格協会 会長

■現在、昨年度施行された新たな食品表示基準へ変換が進められています。それと並行して、「加工食品の原料原産地表示制度」「機能性関与成分が不明確な機能性表示食品」及び「インターネット販売の食品表示」という積み残された課題の検討が進められてきました。

■これらの検討状況と今後の 制度の方向についてご説明 頂きます。

 

参加費

  JAS協会員 : 無料

  一般 : 5,000円



申込方法

  ① 参加申込書(pdfファイル)に必要事項を記入し、FAX(03-3249-9388)にてお申込みください。
    受付は先着順に行い、定員(100名)になり次第、締め切りとします。

   ※参加希望者が多数の場合は、人数の調整をお願いする場合がございます。

  ② 申込書の受付後または入金確認後、1月上旬に「参加証」をFAXにて送信いたしますので、
    当日、会場受付にご提出してください。

  ③ 一般の方の参加費は、振込手数料をご負担のうえ、下記口座あてに2週間以内にお振込みください。
    【振込最終期日:平成29年1月20日まで】

    みずほ銀行 虎ノ門支店(普通)2150989
    口座名義:シャ)ニホンノウリンキカクキョウカイ

   ※貴社における銀行振込時に発行される明細書等をもって、
     お支払いに係る経理上の書類に代えさせて頂きます。
     (請求書や領収書が必要な方はお申し出ください。)

   ※一旦納入された参加費は理由の如何を問わず、返金致しませんので、
     代替受講者等をご検討いただきますようお願いいたします。
 


主催・問合せ先

  一般社団法人 日本農林規格協会(JAS協会)

  TEL:03-3249-7120